すっぴんでも怖くない!スキンケア基礎

脂性肌、スキンケアの季節の使い分け

2014-10-10

ニキビや吹き出物、テカリが多く、皮脂が過剰分泌されるタイプの肌の人は、肌が油っぽくなるのを嫌って保湿がおろそかになりがちです。しかし、そのようなタイプの皮膚は、意外と乾燥している場合が多くあります。テカリを気にしすぎるあまり、必要以上にゴシゴシ洗顔しすぎることが原因となり、脂が出やすくなってしまいます。
皮膚というのは防御反応が強く、角質から必要な皮脂が削がれてしまうと、保護しようと過剰に皮脂を作り出します。つまり、皮膚に適度な潤いがある方が余分な皮脂は作られないのです。
このような脂性肌タイプの人にこそ、季節を問わず保湿は必要となります。夏はさっぱりタイプ、冬はしっとりタイプといった様にスキンケア用品を使い分けて使用するのをおすすめします。
また、部位によって乾燥と脂質が混在している混同肌タイプの人は、しっとりタイプの化粧水を塗った後に、乾燥が気になる部分にクリームなどを重ねづけしましょう。

過去のお知らせ

Copyright© 2014 すっぴんでも怖くない!スキンケア基礎 All Rights Reserved.